d design travel SHARE TRAVEL SAGA シェアトラベル佐賀

TOP 旅のレポート 「シェアトラベル」体験レポート その1
2017/9/15
d TOUR share travel SAGA に行ってきた!

「シェアトラベル」 体験レポート その1

47都道府県の観光をデザイン視点で案内するトラベルガイド「d design travel」がついにツアーに。編集部が自信を持って監修した”佐賀の旅”、そのオススメコースを一般募集に先駆けて、D&DEPARTMENTスタッフが一足お先に体験してきました。

体験レポートその2はこちら

私が参加したのはTOUR1「佐賀のロングライフデザイン定番旅」。佐賀に来るならここは外せないという、県独自の文化と歴史について学んで感じられるスポットを巡るコースに、期待に胸膨らませて羽田へ向かいました。ツアーの集合場所は佐賀空港です。真っ青に広がる青空のもと、ワゴンタクシーがお出迎え。参加者がみんな乗り込んだら、いよいよ佐賀旅スタートです。

車中では、「d deign travel」編集長ナガオカケンメイの音声ガイドが流れ、立ち寄り先のオススメポイントが聞けます。さらに、タクシーのドライバーさんは地元の方なので、そのコメントに補足解説をしてくれることも。地元の人のオススメを同時に聞けるというのも、この旅の醍醐味です。

さて、まずは腹ごしらえから。
やってきました井手ちゃんぽん!カウンターは調理の様子が全て見渡せる特等席です。

それぞれの持ち場でキビキビと仕事をこなすスタッフに見惚れながら、待つこと数分、こんもりと山の如く盛られた野菜たっぷりのちゃんぽんが目の前に。そのボリュームに一瞬ひるみましたが、シャキシャキとした野菜の食感と香ばしいスープに、あっというまにペロリと平らげました。

実は親子丼もかなり美味しいとのウワサ。昼食のメニューは自由に決められるので、グループで行くときは、違うものをオーダーして食べ比べというのもアリです。

次の立ち寄り先は、武雄図書館と武雄神社。

地元の人たちに紛れて、館内でゆっくり本を読んだり、神社をお散歩したりと思い思いに過ごします。武雄神社の奥にある大楠はぜひ行って欲しいパワースポット。すーっと伸びる竹林の道を通り抜けると、樹齢300年の大楠が待ち構えています。深呼吸すると自然と頭がからっぽに、時が経つのも忘れるほどに心やすまる空間でした。

リラックスした後は、武雄温泉へ。編集部オススメの元湯で一汗流すのをオススメします。自販機でチケットを購入して入るスタイル。貸しタオルがあるのも嬉しいポイントです。夜の宿、大正屋では嬉野温泉が楽しめるので、1日に両方入れるというのはなんとも贅沢な気持ちになります。

隣接する新館は資料館になっていて、大正時代の大衆浴場の様子を見学できます。浴槽に座って周りを見渡すとまるでタイムスリップしたような感覚に。2階には畳の広間もあるので、お天気が良い日はここから外を眺めるのも心地が良いと思いますよ。

心も体もスッキリしてから向かうは、志田焼の里博物館。展示品がレプリカではなく全て本物、という工場跡ミュージアムです。陶石の搗砕から釉薬の調合、造形、焼成、絵付け、、、工程の全てを一貫して手がけた工場の歴史を、案内人の青木さんが丁寧に一つ一つ説明してくださいました。

当時焼き物がどういう道具で作られていたのか、釉薬の色の出方のメカニズムから、焼き物の鑑定の仕方といった、焼き物に纏わるあらゆることから、奥様との馴れ初めまで(笑)なんでもわかりやすく解説してくれました。

当時の機械や道具だけでなく、かつていた職人が息抜きで楽しんだのか、バドミントンのラケットといった遊具まで、全てがありのままに保管されていて、当時の職人たちの息吹を感じることができる力強い場所でした。

1日目もそろそろおしまい。宿は嬉野温泉の名宿・大正屋です。
地元の食材をふんだんに使った夕食に舌鼓をうち、一日の旅の疲れを温泉でゆっくり癒しました。

体験レポートその2はこちら

D&DEPARTMENT 清水睦